• ホーム
  • マイアカウントお問い合わせ
クエン酸を効果的にとって、細胞レベルから元気になりましょう。

疲労を回復させエネルギー効率を高めるクエン酸

疲労しにくい体質を作るにはクエン酸サイクルの特徴について知っておかなければなりません。
「クエン酸サイクル」とは人間の体が栄養分をエネルギーに変換する際の、もっとも基本的な代謝経路の事です。効果的なタイミングでクエン酸を摂取することで疲労しにくく病気になりにくい、エネルギッシュな体質づくりに役立ちます。

クエン酸の上手な摂取法

「すぐ疲れる」「疲れて朝起きれない」等慢性的な疲労の方は、クエンの摂取もより効果的な方法の実践が必要です。クエン酸は摂取2時間後に効果が最大となりおよそ4時間で消滅するため、3時間おきに飲用することで常に体の中でクエン酸が働いている状態を維持できます。

飲み方は例えば、食事の時に3回、食事と食事の間に2回、寝る前に1回飲むことで、1日に計6回とることができます。これで体の中で18時間クエン酸が最大の効果で体内で働いている事になります。1日6回の飲用の場合1回の目安量は2〜3グラムです。

家にいることの多い人は、1日分のクエン酸水溶液を造りおきして数回に分けて飲みます。お勤めや外出する機会の多い方には粒タイプのクエン酸を携帯して持ち歩くことで1日6回の飲用が出来ます。

クエン酸で健康でエネルギッシュな生活

私たちの体液を酸性に傾けるのは、酸性食品の過食ばかりではなく、慢性的な過剰な精神的ストレスもまた大きな原因です。健康でエネルギッシュに生きていくためにはクエン酸の飲用と同様に食生活の改善、ストレスの対処法にも心掛けることが必要です。

日本薬局方のクエン酸の解説には、「体液や尿をアルカリ性に傾く」とある。1000種類を越す医薬品の中でも、副作用なくアルカリ性に傾くと明記されているのはクエン酸だけです。

運動強度の高い競技をするアスリートの方もクエン酸の特徴を知って、タイミングよく効果的にクエン酸を飲用する事で、過剰な乳酸の生成をおさえ練習中や競技中の怪我を防ぐことができます。